人の視線に沿ってアドセンスを貼ろう

MENU

人の視線に沿ってアドセンスを貼ろう

人の視線は「F」、「Z」の字を描くように移動します。

 

 

つまり、記事を左から右まで読んだら、また左に戻って右に行くというように下に移動していくわけです。

 

 

訪問者の視線は1ページの中から、自分にとって有益な情報を探し出すのに、どれくらいの時間がかかると思いますか?

 

 

実は、2秒から3秒で「F」「Z」の字を描き出しながら、情報を探し出すのです。

 

 

これらを踏まえた上で、アドセンス広告を配置する位置が決まるということになります。
逆に考えれば、人の視線の動向に沿って、アドセンス広告を貼らなければ、訪問者はアドセンス広告に気付くこともなく、他のサイトに移動してしまうかもしれません。

 

 

ヒートマップを使って解析してみると分かるのですが、サイトの上部に注目していることが多く、下部の場合は上部に比べ注目されなくっているんですね。

 

 

したがって、サイトの上部にアドセンス広告を配置することが望ましいのです。
なぜなら、人の視線は、まず上部から移動していくからなんですね。

 

 

一般的に記事の上部、またはタイトル下にアドセンス広告を貼るパターンが多いと言えます。
アドセンスで初めて稼ぎたい初心者の場合は、とりあえず記事の上かタイトル下に、一番大きい336×280のレクタングル大を貼り付けてみてくださいね。

 

 

しかし、だからといって、上部にアドセンス広告を貼れば、確かな収入が得られるとは限りません。
ですので、最適な貼り方を見つけるには、それなりの試行錯誤して修正を怠らずに行うことが大切になってきます。

 

 

一度、目に触れたものは記憶に残りやすい傾向があります。
訪問者が再び訪問した時に、ずっとアドセンス広告の配置が同場所であればクリックされにくいことがあります。

 

 

アドセンスで稼ぐためのポイント

人の視線は「F」「Z」の字を描きます。
これらの字を描く上にアドセンス広告を配置することで、訪問者がアドセンス広告の存在に気付き、クリックする確率が高まります。

 

 

もし、アクセス数があるのに、クリック率が一向に上がらないのであれば、再度ヒートマップで確認してください。
訪問者の視線がどこに注目が集まっているかが分かれば、最適なアドセンス広告の貼り方が見つかるでしょう。