コンテンツ不足にアドセンスを貼らない!

MENU

コンテンツ不足にアドセンスを貼らない!

アドセンスで稼ぐには、初心者でも気をつけて欲しいことがあります。

 

 

それはコンテンツ不足

 

 

コンテンツ不足というのは、アドセンス広告を掲載するのにサイトのコンテンツが十分ではないということですね。
画像や動画もコンテンツに含まれていますが、ここでは、【文字数の不足】を意味するといいでしょう。

 

 

つまり、記事の内容量が少ないということですね。
アドセンスの公式サイトにあるプログラムポリシーをご覧になればお分かりかと思いますが、コンテンツの多いサイトやブログにアドセンスを貼ることを強く推奨しています。

 

 

ですから、アドセンスの基準をクリアした文章を書く必要があります。

 

 

なぜ、アドセンスの基準をクリアしないといけないのか?
それは、アドセンスの基準に満たしていない場合、グーグル側があなたの作成したサイトにアドセンス広告が自動的に削除されることもあるからです。

 

 

また、グーグル側が修正を求めているのに、一切修正を加えなかった場合、アドセンスのアカウントを削除する恐れもあります。
そうなると、一度、アカウントを削除されてしまったら、これまでに稼いだ収入がすべて失ってしまいます。

 

 

したがって、数行しかないページにはコンテンツの不足にあたり、アドセンスを貼ることはNGですので注意してくださいね。

 

 

それを避けるためにも、アドセンスの基準を守りつつ、なるべくユーザーに役に立つような記事のコンテンツの量を多く増やすように心がけてください。
できたら、最初から記事の文章量を多めに意識して行えば、大丈夫かなと思います。

 

 

ただし、コピペやリライトはNGです!
なるべくオリジナルのコンテンツを作りましょう。

 

 

違反になる場合が多いです。

 

 

ベストな文字数は?

では、気になる記事の文字数はいくつ入れた方がいいのでしょうか?

 

 

結論から言うと、管理人はなるべく【600文字】以上入れるように心がけています。

 

 

なぜ、600文字以上がベストなのか?
管理人はアドセンスを始めて6年になりますが、一度もコンテンツ不足という警告メールを受けたことがないからです。

 

 

1記事600文字以上にし、記事数を10ページを作成してからアドセンス広告を貼るようにしています。

 

 

1記事600文字以上×10記事数

 

 

文章を入れたら、【文字カウント】というツールを利用して文字数を確認してから、アップしてくださいね。
※「文字カウント」と検索すれば、すぐにヒットします。窓枠にコピペした文章を入れるだけですので簡単です。