殺風景なサイトから魅力あるサイトへ変身!

MENU

殺風景なサイトから魅力あるサイトへ変身!

サイトやブログ作成時に、ついつい文字ばかりのコンテンツになっていませんか?

 

 

あるユーザーが訪れた時に、文字だらけで殺風景なサイトだと判断した場合、
『読みづらいな、このサイト…。他のサイトに行こう。』

 

と、せっかく訪れてくれたユーザーが帰ってしまいます。

 

ユーザーがサイトを見て、サイトの良し悪しを判断するのはどれくらいの時間だと思いますか?

 

 

3秒

 

 

たったの3秒なんですね。

 

 

つまり、ユーザーがあなたのサイトにアクセスした時に、
わずか3秒以内にそのサイトの出来具合や惹きつける画像があるかを判断します。
得られる情報がない、文字ばかりでつまらない殺風景なサイトだと判断した場合、ユーザーは立ち去るとされているのです。

 

 

魅力のないサイトは、本当に退屈で味気なく感てしまうものです。
アドセンス広告へのクリックに結びつくようなサイト作りを意識してみてくださいね。

 

 

もう一度、言いますね。
サイトの見た目やファーストビューを意識して作ることです。
コンテンツに見合ったキャッチコピーやイメージイラスト、写真を用意したほうがいいのです。

 

 

では、どんな方法で殺風景なサイトから魅力あるサイトへ変身すればいいのでしょうか?

 

 

ぜひとも入れて欲しいのは、ホームページ素材として知られている無料の写真素材、イラストです。
写真やイラストを入れるだけでも、視覚的により見やすいサイトになると思います。

 

 

コツは、コンテンツに見合ったイメージに近い写真を用意することですね。

 

 

イラストも同じく、もし可愛いイラストを挿入だけでも、
全体的にサイトの見た目が非常に優しい印象になることもあります。

 

 

文字ばかりのコンテンツだったのが、この可愛いイラストがポツンと貼り付けてあるだけでも、
サイトを柔らかくしてくれます。
もし、女性向けのサイトがあるならば、可愛い写真やイラストを多めに入れておくといいでしょう。

 

 

写真やイラストを探す場合、
「無料 写真素材」
「無料 イラスト素材」
「web 素材」
「web イラスト」
…などのキーワードで検索して頂くと、写真・イラストがたくさん見つかります。

 

 

ただ、気をつけなければならないのは、著作権の問題です。

 

 

素材を配布してくれるサイトには、それぞれ異なる利用規約がありますので、
必ず利用規約をしっかりと読むように心がけてくださいね。

 

 

もし、不明な点があれば、素材サイトの管理人に相談するようにして下さい。
利用規約に「商用利用」に関して何も書かれていないのであれば、特に問題ないと思われますので、そのまま利用しても大丈夫でしょう。

 

 

下記のサイトに、著作権について詳しく書かれてありますので、参考にしてください。

 

http://allabout.co.jp/internet/webmaterial/closeup/CU20040920A/

 

 

人物の写真を使いたい場合は、下記のサイトがオススメです。
>>modelpiece
>>写真素材 足成

 

※上記サイト以外の、配布を前提としていないサイトからの画像を借用するのは著作権の侵害にあたりますので、ご注意くださいね。

 

 

ちなみに、下記のような画像を使用する上ではそれほど大きな問題になることはありません。
・著作権がどこなのか不明な画像 → 例)道路標識の画像やコップのような小物など
・アフィリエイトの広告主のサイトにある画像